資料請求 サイトマップ ダウンロード お問い合せ
建築防水 屋上仕上材 太陽光関連 防水改修 土木防水 戸建住宅 コンペ 会社概要 HOME
コンペ コンペ情報 結果発表 今までのコンペ 審査員紹介
トップコンペ

コンペ情報
English

第44回:Bridging/つなぐ建築 主催 日新工業株式会社
後援 株式会社新建築社

ごあいさつ

当コンペも今年で44回を数えます。44年という長い年月の間に、さまざまに流れを変えてきた時代と建築の潮流はそのまま応募作品に反映され応募者の皆様の“創る”ことへの旺盛な意欲には毎回感服しております。同時に、審査委員の諸先生方の惜しみないご尽力に改めて厚くお礼申し上げる次第です。本年も下記の要領にて開催のはこびとなりました。皆様からのご応募を、心よりお待ちしております。

平成29年4月
総合防水材料メーカー 日新工業株式会社

ポスター

課題:Bridging/つなぐ建築

ブリッジングには、「異なる場所の間に橋を架け、つなぐこと」という意味があります。
川の上に橋が架かると、そこには人やものの行き来が生まれます。
近年では、異なるネットワーク同士をつなげて構築することを、ブリッジングといったりもします。

つまり、ブリッジ=つなぐことで、それまでなかったことが起こるようになるのです。ブリッジングは、ギャップや断絶を越えて、異なる性質のものとつながることができる概念です。

では、建築がブリッジングの役割を果たせるとしたら、どのようなあり方があるのでしょうか。建築は、何と何をつなぐことができるのでしょうか。

つなぐことから建築を考えてみてください。
みなさんの「Bridging/つなぐ建築」の提案を広くお待ちしています。


審査委員
→詳細はこちら
審査委員長 六鹿正治 (日本設計取締役会長)
審査委員 北山 恒 (法政大学教授、architecture WORKSHOP主宰)
山梨知彦 (日建設計 常務執行役員 設計部門副統括)
乾久美子 (横浜国立大学大学院Y-GSA教授、乾久美子建築設計事務所主宰)
長谷川豪 (ハーバード大学デザイン大学院(GSD)客員教授、長谷川豪建築設計事務所代表)
相臺公豊 (日新工業代表取締役社長) (敬称略)

審査委員コメント

六鹿正治

Bridgingとは、間に何かが存在して離れている2点間をつなぐことです。あたかも橋を架けるようにギャップを越えて線的につなぐことが原義です。歯のブリッジ、ヒートプリッジ、ブリッジ回路、ギターのブリッジも原義からの派生です。建築は空間をつなぎ、時間をつなぎ、そして人びとをつなぐことで、豊かな環境を形成するきっかけでありたいものです。

北山 恒

現代は社会が分断されていくような危機を感じます。だからこそ、「つなぐ建築」というタイトルに重要な意味があります。建築は壁をつくり、概念のまとまりとしての空間をつくります。この切り取られた空間のなかで人びとは分断されています。建築は社会に対する思想を帯同しています。そこで「つなぐ建築」という思想をもつ建築を探求してください。

山梨知彦

Bridgingという行為は、既に分節されているふたつのものをひとつにつなぐ作業に捉えられがちである。しかし、つなぐと同時に、その両端を新たなエレメントに分節し、さらには橋という新たなエレメントをも生み出すという、統合の中に分節を内包した極めてユニークな建築的行為とも捉え得る。「つなぐ」というキーワードを建築的に膨らませた提案を期待している。

乾久美子

アメリカに留学してはじめてのスタジオの課題が「Bridge Project」でした。架空の設定の中でつなぐということの意味を考えたわけですが、それから20数年後の今、つなぐことの意味はどのように変化しているのか、あるいは全くかわっていないのか、結果を楽しみにしています。

長谷川豪

最近よく耳にするつながりという言葉はたいてい「良い話」に使われます。でも実際にはつながってしまう窮屈さや鬱陶しさもあるはずです。Bridgingには既成の境界やカテゴリーを超えて、さまざまな物や事を結びつけてしまうダイナミズムがある。ドライで、ときには暴力的でさえあるかもしれない。「良い話」で終わらない提案をしてください。

相臺公豊

日本語の「つなぐ」とは、「綱」が動詞化して生まれた言葉とされています。儒教の世界には、臣下の王に対する忠、子の親に対する孝、妻の夫に対する烈を以って「三綱」という言葉があります。つまり忠・孝・烈が2者を精神的につないでいるとされました。現代の社会や建築における「綱」とはどのようなものでしょうか?

賞 金
(総額260万円)   1等   1点   100万円 (税込)
  2等   1点   50万円 (税込)
  3等    1点   30万円 (税込)
  佳作   8点   各10万円 (税込)
発 表 審査の結果は入賞者に通知するとともに、『新建築』2018年1月号で発表いたします。
応募登録期間 2017年4月3日(月)~2017年10月2日(月)
作品提出期間 2017年8月21日(月)~2017年10月6日(金)必着
送付のみ受付。持参、バイク便は不可。円筒状の梱包はご遠慮ください。
登録方法 官製八ガキにて登録の場合は下記作品送付先まで、FAXにて登録の場合は03(5244)9338まで、「日新工業建築設計競技係」と明記し、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、勤務先あるいは学校名(学年)、所在地、電話番号、e-mailアドレスを書き添えてお申し込みください。
ご登録いただいた方には登録票をお送りいたします。
※複数の作品を応募する場合は、作品ごとに登録してください。
※登録のお問合せ=日新工業建築設計競技事務局  電話:03(5244)9335
登録先

こちらから応募登録をお願いします。

提出図面 配置図・平面図・立面図・断面図、透視図・模型写真など、設計意図を表現する図面(説明はできるだけ図面のみですること。各図面の縮尺は自由)。表現方法は、青焼、鉛筆、インキング、着色、写真貼付、プリントアウトなど自由。
用 紙 A2サイズ(420mm×594mm)の用紙(中判ケント紙あるいはそれに類する厚紙)1枚におさめること。模造紙等の薄い用紙は開封時に痛む恐れがあるので避けること。ただし、パネル化・額装は不可。
登録番号の記載
応募図面の表面右下に、30ポイント以上の文字の大きさで登録番号のみを明記すること(登録番号以外の応募者を特定できる情報は記載しないこと)。また、裏面には必要事項を記入した登録票を必ず貼付けること。

※応募図面の表面、右下に30ポイント以上のフォントサイズで登録番号の記載が必要です。右上図参照。

質 疑 課題に対する質疑応答はいたしません。
規定外の問題は応募者が自由に決定すること。
提出方法 応募作品裏面に必要事項を記入した登録票を貼付けた上、下記へ送付してください。
(※持込み、バイク便は不可。なお、開封時に痛みやすいため、円筒状の梱包はご遠慮ください)
作品送付先 日新工業株式会社「日新工業建築設計競技係」(必ず明記のこと)
〒120-0025 東京都足立区千住東2-23-4
電話:03(3882)2613
その他
  • 応募作品は未発表の作品に限ります。
  • 本設計競技の応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、入賞作品の発表に関する権利は主催者が保有します。
  • 応募作品は返却いたしません。
  • 同一作品の他設計競技との二重応募は失格となります。
  • 応募作品の一部あるいは全部が、他者の著作権を侵害するものであってはなりません。また、雑誌や書籍、Webページ等の著作物から複写した画像を使用しないこと。著作権侵害の恐れがある場合は、主催者の判断により入賞を取り消すことがあります。
  • 入賞後に著作権侵害やその他の疑義が発覚した場合は、すべて応募者の責任となります。
  • 入賞後の応募者による登録内容の変更は受け付けません。
  • 応募に関する費用(送付・税金・保険など)は、すべて応募者の負担となります。
お問合せ先 日新工業建築設計競技事務局
電話:03(5244)9335

 

コンペ情報
Japanese ↑Page Top

The 44th Nisshin Kogyo Architectural Design Competition

【Sponsor】Nisshin Kogyo Co., Ltd.
【Co-sponsor】Shinkenchiku-sha Co., Ltd.

Theme:Bridging – Architecture that bridges

“Bridging” signifies, “connecting different places by drawing bridges”.

Once the bridge is drawn over the river, the traffic of people and matter is born.
Recently, we also call the connections among different networks bridging.

In short, to bridge means to connect two things that previously had no connection. Bridging is a concept that acts as a passage, crossing over the gaps and breaks, giving new characteristics to each entity.

If architecture can play a role in bridging, what would it be like?
What is architecture able to connect?

Please consider architecture from the perspective of connecting.
We are looking forward to seeing your proposals on “Bridging – Architecture that bridges”.


Judges
→Click here for details
Chairman Masaharu Rokushika (Chairman, Nihon Sekkei, Inc. )
  Koh Kitayama (Prof. at Hosei University, established "architecture WORKSHOP")
Tomohiko Yamanashi (Senior Executive Officer Deputy Head of Architectural Design Department)
Kumiko Inui (Prof. at Yokohama National Univ., Y-GSA (Yokohama Graduate School of Architecture) , Established Office of Kumiko Inui)
Go Hasegawa (Visiting Professor at Harvard University Graduate School of Design, USA, Director of Go Hasegawa and Associates)
Kimitaka Sohdai (President, Nisshin Kogyo Co., Ltd.)

Comments from the judges

Masaharu Rokushika

Bridging means connecting two points that are separated by something between them. The original meaning of bridging is linearly connecting something by crossing over a gap like a bridge. Words such as braces, heat bridges, bridge circuits and guitar bridges are all derived from the original meaning. We hope to see architecture take a role in connecting space, time, and people while constructing rich environments.

Koh Kitayama

There is a significant meaning in the title “Architecture that bridges”, when there is a felt crisis of fragmentation in current society. Architecture makes walls to build spaces, which often become a vessel for given concepts. The act of building often results in leaving people divided within these cropped spaces. Meanwhile, it can be said that architecture delivers ideas toward society. In this context, please explore architecture that holds the idea of “Architecture that bridges”.

Tomohiko Yamanashi

Bridging is often considered as a process of connecting two things that were separated into one. However, while making a connection, it recreates the two ends into new elements, as well as creating a new element called the bridge. It can be understood as a rare and unique architectural act, where it combines separation within integration. I am looking forward to seeing proposals that architecturally expand on the keyword “bridging”.

Kumiko Inui

The first project I received at graduate school in the United States was the “Bridge Project”. Back then, the process of conceptualizing the bridge was held within the virtual setting., now I am curious to see how the meaning of connecting has changed, or has not changed in the past 20 years.

Go Hasegawa

Recently, we often hear the term “tsunagari” (bridging) being used in the context of a “good story”. In reality, uneasiness or annoyance does exist out of being connected. There is a dynamism in bridging that connects various things and environments overarching the existing boundaries or categories. At times, they can be dry, or violent. I am looking for proposals that do not end in simply being “a good story”.

Kimitaka Sohdai

The Japanese term “tsunagu” or to “bridge” is derived from verbification of the term “kou”. In the world of Confucius teaching, there is a term “sankou” or “three teachings“, which describes the loyalty of a subject toward the ruler, the reverence of a son toward the father, and the listening of a wife toward the husband. It was said that the psychological connection between the two was made by these three teachings. What would be the “kou” of contemporary society and architecture?

Prizes
First Prize   (one)   ¥1,000,000  
Second Prize   (one)   ¥500,000  
Third Prize   (one)   ¥300,000  
Merit Prize   (eight)   ¥100,000  each
(Total prizes amount: ¥2,600,000. All above prize money includes income tax)
Announcement of Winners The result of the screening will be informed to the winners and will be announced in the issue of “SHINKENCHIKU” January 2018.
Schedule Entry Registration Period: April 3st (Mon), 2017 ~ October 2rd (Mon), 2017
Entry Submission Period: August 21nd (Mon), 2017 ~ October 6th (Fri), 2017
(Applications will be accepted only through mail delivery. No hand or bike/bicycle courier deliveries are accepted.)

Entry For Registration

Screening Requirements
  • Drawings:
    All drawings should represent the concept of the theme just by drawings and with less explanation in words as possible.
    Drawing should be block plan, floor plan, elevation view, cross-section view, perspective view, model photo etc.
    You may use blue print, pencil, ink, color, photo, print etc at your discretion.
  • Materials:
    Complete all drawings, photo. etc on one sheet of thick drawing paper(like Kent paper) of A2-Size( 420mm x 594mm).
    Thin paper such as imitation vellum-paper should not be used as easy to break when opening the envelop.
    Paneled or framed will not be accepted.

* Inquiries:

The sponsors will not answer any questions about the theme.
All matters not covered in these regulations are left to the discretion of the entrants.

* Submission:

On the back side of your entry, attach the application form with necessary information and send by mail to the address below.
(Applications will be accepted only through mail delivery. No hand or bike/bicycle courier deliveries are accepted.)

* Address for Entries:

Nisshin Kogyo Co., Ltd.
Attn.: Dept. of Nisshin Kogyo Architectural Design Competition
2-23-4 Senju-Azuma, Adachi-ku, Tokyo, 120-0025, Japan
Phone:03-3882-2613

* Additional Information:

  • Entries must not have been previously published in any form.
  • Copyrights on the entries will remain to the property of the entrants, but the sponsors of the competition will reserve the right to publish the winning entries in magazines and other media.
  • Competition entries will not be returned.
  • Entries should not be submitted simultaneously to any other competition. Entries submitted to the other competition will be disqualified.
  • Competition entries must not infringe the copyright of any other work either in whole or in part ,for example do not use images from magazines, books or websites.
  • If suspicion of infringement is found, the winning prize may be revoked by the sponsors.
  • If copyright infringement or other problem is found after announcement of winning prizes, all the relevant responsibilities must be assumed by the entrants.
  • Change of application contents by the entrant after winning announcement will not be accepted.
  • All the cost for application for the competition (such as delivery, tax, insurance etc.) should be borne by the entrant.
  • Travel expenses for attending the award ceremony should be borne by the entrant.
Special thanks to Competitions.archi  ARCHITIME.RU

Page Top
 

privacy policy