設計価格
カタログ

日本建築学会JASS8仕様「合成高分子系ルーフィングシート防水」

日本建築学会JASS8仕様とは、建築の質的向上と合理化を図るための適切な施工基準を作ることを目的として、一般社団法人日本建築学会が作成した防水工事標準仕様書です。

このページでは、日本建築学会JASS8仕様の弊社適応製品を下のリンクボタンから確認出来ます。

関連資料(ダウンロード)

■関連工具

施工性の向上の為に

弊社では、防水工法に加え、施工性の向上の為に、防水施工に必要な工具も取り扱っております。

■防水層を長くお使い頂くために

防水層を長くお使い頂くためには、「どういった防水仕様を選定するか?」「建物をどう設計し、施工するか?」「防水層の劣化を抑えること」「防水層をどう維持管理していくか?」等が重要となります。

以下の内容をお客様が施工前に選択することや施工後に行うまたは守ることによって、より長く防水層お使い頂くことが出来ます。

1.紫外線から防水層を守る保護塗料

露出防水工法は紫外線等による劣化を防ぐ為に、保護塗料が必要となります。

加硫ゴムシート防水の保護塗料は溶剤タイプの「NPカラー」、水性カラー塗料の「NPカラーAQ」、遮熱性を付与した水性系遮熱塗料「ハイクール」の3タイプから選択頂けます。

2.防水層の維持管理

防水層を長くお使い頂くための施工後のメンテナンス資料です。

■屋根の有効活用

屋根が雨風を凌ぐだけの屋根になってはいませんか?

弊社では、防水で培ってきたノウハウを生かし、屋根を通して環境にプラスを加える屋根活用製品を御提案できます。