設計価格
カタログ

改質アスファルトシート機械固定工法「メカトップ工法」

メカトップ工法とは、改質アスファルトルーフィングをディスク板とアンカーピン等を用いて下地に機械固定する工法です。

関連資料(ダウンロード)

メカトップ工法の特徴

1.メカトップは耐久性に優れた材料です。

引張強さ・寸法安定性・低温性能及び耐久性に優れた改質アスファルトルーフィングを使用しています。

2.メカトップは省力化工法です。

耐久性に優れた材料を使用することにより、1プライで防水層を形成しています。また、接着材を使用しないため、接着材の乾燥待ち時間がなく、工期を短縮でき、コスト的にも有利な工法です。

3.下地が湿っていても施工ができます。

雨さえ降っていなければ施工が可能です。接着・融着・粘着により下地に貼る工法は、下地が十分乾燥していないと接着しません。アンカーで下地に機械的に固定するメカトップ工法は、下地が湿っていても所定の固定強度が得られます。

4.下地調整を余り必要としません。

下地の表面状態が悪くても、大きな凹凸さえ調整すれば施工可能です。コンクリートに直接ディスク板とアンカーで固定するメカトップ工法は、下地の表面状態に左右されず、つねに一定の固定力を確保することができます。

5.地球環境に優しい材料を使用しています。

メカトップを廃棄する時、他の防水材と異なり、地球環境を汚染する危険性が少ない材質で出来ています。

6.破断しにくく耐久性の高い絶縁工法です。

下地の「ひび割れ」「動き」があっても、絶縁工法のため、その応力を直接メカトップに伝えない工法になっています。従ってメカトップは「破断」しにくい耐久性の高い工法です。

7.「ふくれ」にくい工法です。

コンクリート打設後や降雨後の残留水分など、下地には多くの水分が含まれているケースがあります。メカトップ工法は、「ピロウエルドE」と脱気筒を併用することにより、湿気を外部に排出し「膨れ」にくい工法となっています。

8.均一な品質を確保しやすい材料です。

厳重な品質管理をもとに工場で生産されたメカトップは、現場塗布する工法と異なり、均一な品質を確保できる材料です。

9.ルーフィングとルーフィングのジョイントの水密性が高い工法です。

接着剤は経年劣化しやすく、粘着工法は水道(みずみち)が残りやすい欠点があります。メカトップはトーチバーナーで加熱溶着し一体化する水密性の高い工法です。

10.改修工事でも有利な工法です。

下地調整工事を簡単にすることができ、工期的・コスト的にトータルとして有利な工法となります。既存防水層の種類、劣化状態に関係なくディスク固定工法であるメカトップは、一定の固定力を確保することができるので改修工事でも多いに威力を発揮します。

施工性の向上の為に

弊社では、防水工法に加え、施工性の向上の為に、防水施工に必要な工具も取り扱っております。

 

防水層を長くお使い頂くために

防水層を長くお使い頂くためには、「どういった防水仕様を選定するか?」「建物をどう設計し、施工するか?」「防水層の劣化を抑えること」「防水層をどう維持管理していくか?」等が重要となります。

以下の内容をお客様が施工前に選択することや施工後に行うまたは守ることによって、より長く防水層お使い頂くことができます。

1.遮熱性能などを付与した種類が豊富な保護塗料

露出防水工法は紫外線等による劣化を防ぐ為に、保護塗料が必要となります。

弊社では、改質アスファルトシート防水露出工法に使用する保護塗料は遮熱性能などを付与した「水性カラー塗料」です。遮熱性に加え、低層階で眩しくなりにくい「暗色系」「飛び火防止性」「高耐候性」を付与した保護塗料を選択することができます。

2.防水層の維持管理

防水層を長くお使い頂くための施工後のメンテナンス資料です。

屋根の有効活用

屋根が雨風を凌ぐだけの屋根になってはいませんか?

弊社では、防水で培ってきたノウハウを生かし、屋根を通して環境にプラスを加える屋根活用製品を御提案できます。