設計価格
カタログ

環境対応型アスファルト防水工法(常温粘着工法)「RF常温粘着工法」

RF常温粘着工法とは、粘着付改質アスファルトルーフィングを用いた、環境対応型アスファルト防水工法です。

スラブ面への接着は常温工法の粘着で行い、防水層としても最も重要なルーフィングのジョイント部は火気を使用せずに粘着層とシール材にて処理またはトーチ工法による溶融一体とする工法で、作業条件の改善、省力化、経済性及び環境への配慮を目的に開発したものです。

関連資料(ダウンロード)

RF常温粘着工法の特徴

1.信頼性の高い防水層

 防水層で最も重要なルーフィングのジョイント部を、火気を使用せずに粘着層とシール材にて処理する又はトーチバーナーを用いて、ルーフィング裏面の改質アスファルトを溶融し一体化しますので、確実なジョイント部の水密性が得られます。

2.環境に優しい

使用する材料は全てアスファルト系です。また、施工時には臭い、煙、騒音等を殆ど発生しませんので、環境に優しい工法です。

3.安全性

スラブ面への接着は粘着で行い、ルーフィングジョイント等の重要な部分をトーチバーナー又はシール材を用いて施工するため、施工効率がアップします。また、小型のハンドバーナーでも施工できるので、作業の安全性が改善されます。

4.省エネ効果

プロパンガスの使用量は、トーチ工法の1/5以下で地球温暖化に影響する二酸化炭素の発生量も少ない省エネルギー工法です。

5.優れた耐久性

 使用するルーフィング類は、全て耐候性、感温性に優れたSBS改質アスファルトと、高性能な合成繊維不織布を使用していますので、耐久性、破断抵抗性に優れ、幅広い地域で使用できます。

6.改修工事においての優位性

RFコート常温粘着工法は、基本通りに既存立上り露出アスファルト防水層を撤去することも可能ですが、改修工事向けに「立上り非撤去」「立上り塗膜仕上げ」等を組み合わせたラインナップになります。「立上り非撤去」や「立上り塗膜仕上げ」等を組み合わせることによって、既存防水層の撤去時のリスク低減(施工中の漏水、既存防水層のアスベスト含有等)や複雑部位(立上りの高さが困難な箇所、架台等の役物が多い箇所等)での施工が容易に行えます。

 

施工性の向上の為に

弊社では、防水工法に加え、施工性の向上の為に、防水施工に必要な工具も取り扱っております。RF常温粘着工法は基本的には火を使わない完全常温工法となりますが、接合部をバーナー溶着することも可能です。接合部処理をバーナーにて溶着したい場合、弊社のトーチバーナーセットがおすすめです。

防水層を長くお使い頂くために

防水層を長くお使い頂くためには、「どういった防水仕様を選定するか?」「建物をどう設計し、施工するか?」「防水層の劣化を抑えること」「防水層をどう維持管理していくか?」等が重要となります。

以下の内容をお客様が施工前に選択することや施工後に行うまたは守ることによって、より長く防水層お使い頂くことができます。

1.遮熱性能などを付与した種類が豊富な保護塗料

露出防水工法は紫外線等による劣化を防ぐ為に、保護塗料が必要となります。

弊社では、改質アスファルトシート防水露出工法に使用する保護塗料は遮熱性能などを付与した「水性カラー塗料」です。遮熱性に加え、低層階で眩しくなりにくい「暗色系」「飛び火防止性」「高耐候性」を付与した保護塗料を選択することができます。

2.防水層の維持管理

防水層を長くお使い頂くための施工後のメンテナンス資料です。

屋根の有効活用

屋根が雨風を凌ぐだけの屋根になってはいませんか?

弊社では、防水で培ってきたノウハウを生かし、屋根を通して環境にプラスを加える屋根活用製品を御提案できます。